石鹸と美容の関係

 石鹸と美容の関係について詳しい人が居れば助かると思います。要するに記事の作成が容易いという意味で、この点を踏まえて、考えると「内部構造」はどうでも良いのか? と言う結論も導き出されますが、例えばライバルサイトが300の被リンク、自分のサイトも300被リンク。だけどライバルの方が上、と言う場合に始めて考えればよいと思います。

 内部構造や被リンクの質(自分の持っているサイト、及び知人からの被リンクは変更が可能)を見直すと勝てる、と言うわけですね。ですが普通の人は殆んどの場合(と言うか上位に入っている時点でかなりの知識がある)それなりに石鹸をいじっています。

 だから、他人がやっていない石鹸を持つ事が大事です。そこで今回は内部構造に対する提案をひとつ、外部リンクの質に対する提案をひとつ、お伝えしましょう。まず内部構造ですが、素材分解(私が勝手に命名しているので検索しても出ません)をして見ましょう。

 例えば「石鹸の製造販売業者」の場合、これらを構成する語句に分けます。分け方は簡単です、検索エンジンで「石鹸の製造販売業者」と検索してそこに表示されるサイトの「キャッシュ」を見ます。すると構成する語句をどのように認識しているのか?

 色分けされて表示されますので、すぐに理解できます。特にグーグルの方が分りやすいと思います。そこを見ると石鹸・製造・販売・業者と言う語句で構成されている、と認識しているようです。ですので、サイト内では本の製造販売業者と言う語句だけではなく本の製造販売業者と言う語句を使い分けます。

 ですが私の場合「石鹸・美容」と言う二つにしか分けていません。そこまでしなくてもライバルに勝てる、と踏んでいるからで、万が一これ以上被リンクが増やせる見込みがない、と言う場合には3つまで分ける考えは持っています。↑これで勝った事覚えていますか?

プロの円満な退職